結婚適齢期とは?

「結婚適齢期」って、最近では聞かなくなった言葉ですよね。
ひと昔前までは、女性ならば20代半ばくらいまでに結婚するのが当たり前だったのに、近頃は初婚でも20代後半くらいが多いでしょうか?
また、30代や40代でも結婚していない人も普通に周りに存在しますよね。
そう考えると「結婚適齢期」は今や死語といってもいいものになったのでしょう。

 

婚活適齢期とは?

さて、今は婚活がブームになっています。
昔は「女の子は年頃になったらいい人を見つけて結婚」、「見つからなかったら親戚が世話する」みたいな流れが普通にありましたよね。
しかし現在では女性であっても「これから結婚しよう!」と自分で時期を決めて活動し始めているようです。
では、この婚活には適齢期があるのでしょうか?
結局は「思い立った時」が適齢期なのでしょうが、婚活における「モテ期」は確実に存在しています。
男性の場合は年齢よりも収入の方が大きく影響してきますが、やはり30代がモテ期のピークでしょう。
対する女性はというと、20代半ばから後半をピークに徐々にゆっくりと低下していく傾向にあります。
もちろん男女ともに容姿の問題もありますので、個人差は大ですけどね。

 

婚活って何年くらいするもの?

では婚活の活動期間はどれくらいなのでしょう。
これはモテ期との関係が大きいようです。
モテ期ピークの婚活はかなり早いペースで出会いが舞い込んでまいります。
無理な条件を付けず、常識のある人であれば、半年から一年もすると納得出来るお相手に巡り会うことが出来ているようです。
対してモテ期を逸した場合、もっとゆるやかなプランが必要になってくるでしょう。
男性なら50代以上、女性なら40代以上になると、それなりの長期戦か、かなり活発な活動をすることをおすすめします。
しかし、そう落胆することはありません。
出会いは”皆無”ではないのですから、出会った人との関係を上手に昇華させていけば良いのです。
この辺りは若い人には真似の出来ない、人生経験のある大人ならではの婚活方法といえるでしょう。
特に、老いてからも一緒にいることの出来るパートナーを探す婚活です。
焦らず、急かさずに、じっくりとお互いの気持ちを確認し合うことが大切ですね。
さらに、この年代の人であれば、人を見る目も確かになってくるので、若い人に比べると見極めの早さというアドバンテージがあるのでないでしょうか。
短い婚活期間であっても、納得の行く相手を見付けることが出来るはずですね。