失敗しない婚活のために、40代の心得

正直なところ、40代で婚活している人は色々と焦りが来ていることだと思います。
初婚年齢は年々上がってきてはいるものの、それでも女性ならアラサーが一般的です。
40代はもうすでに充分”晩婚”の世代ですし、子どもを作ろうと考えているのであればほとんど時間がありません。
そんな40代の婚活、失敗しないためにも”してはいけない事”を心構えとして覚えておきましょう。

 

現実を受け入れる

まずは婚活市場において自分はどういった立場であるのかを認識しておきましょう。
厳しいことを言いますが、婚活のメイン層は女性なら20代〜30代、男性なら30代が一番人気です。
特に40代を過ぎた女性や40代で収入の少ない男性は、興味を持ってくれる異性は少ないということは理解しておきましょう。
試しにオーネットやノッツェなどで出来る、ネットの無料紹介サービスを受けてみましょう。
あなたに紹介されるのはどんなタイプの人なのか分かると思います。
もちろん年齢以外にプラスになるポイントがあれば、より幅広い異性が興味を持ってくれることでしょう。

 

ある程度は許す

もちろん結婚に対して大きな理想を持っている人は多いと思います。
けれどもある程度の部分については許すということも大事ですよ。
これは妥協するということとは違います。
その人の良い部分をみることによって、細かい部分は気にしない、という心構えです。
40代の婚活には加点方式が向いています。
「ここは好きな部分、プラス10点」「こういうところは自分にあってるな、プラス5点」という感じです。
「ここがダメだからマイナス」としてしまうと、いつまでたっても合格点が現れませんよ。

 

スピード感が大事

むやみに焦るのは禁物ですが、スピード感は大切にしておきたいものです。
「もうちょっと待てばいい人が紹介されるかも」なんていう考えは捨てましょう。
自分の直感を信じ、いいと思ったら動き出すことが肝心です。
会うことが決まったら、なるべく早い日時にして、いいなと思ったらどんどん突き進みましょう!

 

手数は多く

これは何人も同時に付き合えといっている訳ではありません。
出会いのための手段は数多く持っていた方が良いということです。
可能であれば、結婚相談所などにも登録しながら、婚活パーティーにも積極的に参加しましょう。
異性と知り合えるチャンスは多いほど良いのです。
もちろん「この人!」と感じる人が現れたのであれば、その人に集中して突き進むのです。